他人に喜びを与える

知識を与える自分が今までに勉強したことや知っにつまらないことでも です。旅行の好きな人なら、旅行先の情報を教えてあげたり、英語が 上手なら英会話を教えてあげたり、血液型占いが得意ならそれを教えてあげたり、何か健康法を知っていたら教えてあげたり、相手が喜ぶならば何でもよいのです。「私はなんの知識もない」という人でも知っている道を教えてあげるとか、おいしいレストランを教えてあげるとか、探せばいろいろあるのです。家庭、学校、職場、友人関係、恋人関係で悩んでいる人がいたら、悩みを聞いてあげたり、解決する知恵を授けましょう。又、勇気づけをしてあげましょう。あくまでこの場合は相手の生き方に協力するということを忘れないで下さい。以上述べてきたように私達が日常生活で他人や社会に与、えることはたくさんあります。まとめると ①笑顔を与える ②ほめ--とばを与える③感謝を与える ④気配りを与える⑤知識を与えるとなりますが、この他にもユーモアのある人は、他人を笑わすことができます。笑いは大変人を喜ばす結果となるのです。陽気な明かるい性格の人はそれだけで他人を明かるい気分にさせます。美人であればそれだけで人に喜びを与、えます。若い人はいるだけで若いエネルキ を与えることができるし、元気な人もいるだけで人にエネルギーを与えることができます。このように考えていくと、アプリ 出会い で出会いをみつければ人に与えられるものはたくさんあります。そして他人に喜びを与えれば与える程マインドレベルは上昇し、願望は叶えられやすくなるのです。願望を確実に実現したいと思ったら、できるだけ人の喜ぶようなことを行って大いに感謝され、自らのマインドを強化することです。徳を積む人は本当に得なのです。あなたが他人を喜ばすことをした時に、それはマインドにプラスとして記録されるのです。又、不親切な行為をするとやはりマインドにマイナスとして記録されてしまうのです。ところであなたは毎日人のために何かちょっとしたことでも喜びを与えていますか?それとも他人を傷つけるようなことをいって不快感を与えてはいないでしょうか?もし不快感を与えているようだったら今日から早速改めましょう。マインドを銀行と仮定し毎日善行を預金すると考、ぇ、プラスの預金をどんどん増やしていけばマインドレベルは確実に上昇していくのです。(まとめ)④③②①マインド心理術を実践して願望が実現するタイプの人は常にプラス用語を使った会話をしている絶対に可能だという信念を持っています。

出会いの縁が起きることを縁起といいます

何事も楽天的に考え、何事に対しても感謝する人に喜びを与える奉仕の心を持っている。。。。というような性格を持っていますマインド心理術を毎日実践していても、日常の生活が、不平不満や落ち込みの状態ではプラス・マイナスゼロになってしまいますプラス用語の使用、可能思考、楽天思考、喜与思考、の四つの法則にのっとって、送るなら、あなたのマインドレベルは決してマイナスにはなりませんゾーンに保つことが、あなたの願いを叶、える鍵なのです。又、にプラス思考を実践していきましょう。。。マインドレベルをプラス願望実現を早めるために、積極的日常生活をそのうちにマインドの誘導巴従うマインド心理術の実践により想念がマインドへインプットされ、マインドレベルが上昇してくるといよいよ。運命の人。と出会うことが可能になるのです。か運命の入。とは元々、赤い糸で結ばれているわけですが、このマインド心理術の実践により、出会いの縁が起きてくるのです。これをか縁起。といったりか縁結び。といったりしています。この章ではこの縁が結ぼれてから出会うまでのマインドの誘導法について述べていきたいと思います。マインド心理術を実践すれば。運命の人。がある時ある場所で突然空から舞い降りてくるわけではありません。無人島にいてマインド心理術を実践したとしても決して誰も現われないと同様に、あくまでもマインドに従って行動していくうちにあたかも偶然の一致のようにみ、える出会いによりか運命の人。が現われるのです。「マインド心理術なんてやらなくても毎日のようにパーティに参加したり、お見合いをしたり、あらゆる人に紹介してもらったりして、とにかくメチャクチャに行動して多くの人と出会えば、運命の入。と巡り会える」と考える人もいます。しかしそれは最も非効率な方法であるとい、えます。たとえ毎日のように多くの人に出会、えたとしても、本当に縁が生じてといえますρ運命の入。と出会うことはほとんどない。宝くじの一等にでも当るような確率を追い求めるならば、それは本当に無駄足を踏むことになります。その点マインド心理術を実践してからの行動は同じ行動でも全く違います。いをインプットしていくと、マインドはその願望を達成きせようとして様々な信号を出して、その目的に叶った行動をするように誘導してくれるのです。 ρ運命の人。と出会うためには「どこへいっ行ったらよいか」という方向を示してくれるわけです。

出会いは実現している

動きまわったあげくそこに残るのは単なる疲労と空虚感だけでしょう。マインドへの想それはヒラメキという形。で教、えてくれることが多いのです又、ての人間と下の方でつながっています。他人からの誘惑という場合もあります。マインドは全従って他人を通じて誘導してくる場合もしばしば起こってくるのです。いればよいことになりますたとえばたまたまパマインド心理術を実践していれば無駄な行動をすることなく、ただマインドの誘導へ従って。そして奇跡的なことや偶然的なことがしばしば起こってきますーティに行ったらか運命の人。に自然に話しかけられて仲良くなったりたまたま空いていた席に坐ったら隣りにた不思議なことが起きたりします。運命の入。が坐っていた、等という予想もしなかっ。、マインド心理術を実践しているのなら、もうマインドの世界では。運命の人。との出会いは実現しているのですから行動は猛烈に動きまわることはなく、あくまでも自然の形にしていなければいけません。日常、気持の上では、もう出会って結ぼれている状態を保つことが必要です。従って心はウキウキして喜びであふれていて、人に対してはやさしく親切で大らかな気分の状態になっていなければなりません。マインド誘導の方法それではマインドはどのようにしてあなたに信号を送り、あなたを誘導していくのでしょうカヒラメキを通じて誘導するマインドの中で縁が起きると、マインドはその願いを笑現させようとしていろいろなヒラメキをあなた自身に起こさせるのです。お風呂に入っていたり、トイレに入っていたり、道を歩いていたり、電車に乗っていたりする時に突然フッとヒラメクことはありませんか?文、友人と本音で話している時に心の中から突然よいヒラメキが出てくることはありませんか?ヒラメキが急に出てきてどうしてもそれをやりたくてしょうがなくなることはありませんか?例えば-友人の家へ行きたくなる-特定のアルバイトをやりたくなる・習い事をしたくなる-突然昔の友人に電話してみたくなる・どうしても旅行に行きたくなる-昔の友人に手紙を出したくなる・パーティに行きたくなる-ある映画がみたくなる-ある雑誌を買いたくなる等々のありとあらゆるヒラメキが出てきて、グどうしても。という強い欲求が伴うならば、これらはマインドが願いを叶えきせるために出してきだ信号と思ってよいでしょう。なんでやってみたいのかよく理由がわからない場合もありますが、これもマインドの誘導であると考えられます。

フィーリングが合う人と相思相愛に

私の知人の回中和子さんは当時おオで、どうしても 運命の人。と出会いたくて毎日のようにマインド心理術を実践していました。やり始めてから三カ月ぐらいたった時になぜか理由はわからないのですが、突然どうしても社交ダンスパーティに行きたくなったのです。彼女はほとんど踊れない初心者だったのにもかかわらずです。この欲求がかなり強かったので、友達が所属しているダンスサークルが主催したパーティに行こうと決心したのです。しかし、申し込んだところそのパーティは予約が多くて入れないとの事でした。しかし、あきらめず当日予約なしで突然会場へ行ってしまったのです。そうしたら、キャンセルがあったということで会場へ入れてもらうことができました。彼女はダンスがほとんど踊れないのにもかかわらず自分が思っていた素敵な男性から声をかけられ、教えられながら一緒に踊ったのです。それが縁でその後も交際が続き、三カ月後に婚約を申し込まれ、そして更に六カ月後に無事に結婚式を挙げたのです。彼女は今でも大変幸せに暮しています。彼女にいわせると、「彼は本当にか運命の入。だと思う。そしてあのダンスパーティはか運命的な出会いの場。であった」ということです。これは正に。運命の入。と結ばれたいという願いがマインドの導きにより叶えられたという例です。突然どうしてもダンスパーティに行きたいとひらめいたのはマインド誘導だったのです。入場お断わりといわれたのに入ってしまったのもマインドの力なのです。自分の中から湧き出てくるヒラメキの他に、マインドは次のようなメディアを通じて誘導することもあります。 -看板・ ・ちらし-・映画・ビデオ・本・雑誌・新聞これらのメディアそのものにヒラメキを湧かせるヒントとなるものが多く含まれています。当時 オの鈴木恵子さんはどうしても赤い糸で結ぼれた人と結婚したいと思っていました。彼女はある女性雑誌を読んでいたところ、あまりにも美しいハワイの写真が載っていたのでどうしても行きたくなったのです。会社に無理をいって有休を取らせてもらい六日聞のハワイ旅行に出かけたのです。すると飛行機の中で知り合った思い通りの男性と交際することになり、その後結婚することになったのです。この例は彼女の強い願望が想念となっていたのでマインドが雑誌というメディアを通じて誘メディアを通じて誘導する導したのです。星野かおりさんは当時幻オでした。どうしもフィーリングが会う相思相愛の人と恋人になり。ロ月にある新聞をみていたら。 マスパーティ無料御招待 ブリシティが出ていました。豪華なパーティらしかったので早速応募してみたところ、当選したのです。なんとその応募数は五万人にいて、当選者は千人ということでした一人という確率で当選した彼女は喜んで、ドレスアップしてパーティ会場に出かけたのです。彼女の喜びは倍以上になりました。彼女はそのパーティで本当に今まで思っていた波長の会う素敵な彼と出会い付き合うことが可能になったのです。以上の二例はマインドが雑誌や新聞というメディアを通じて信号を送ったのです。

結婚したいと願う

マインドからの誘導であると大変力がありますので、今まで全くくじ運が悪い人でも、当選してしまうという奇跡的なことも起こるのです。夢を通じて誘導するマインドからの信号は夢を通じて出てくることもあります。夢は多くの場合内容がバラバラでまとまっていません。従って夢の内容がどんなおかしいものであっても印象深く考えさせら たいと願っていました3 というパ見事に。印人に4れるようなものであったら、朝起きた時にメモしておくことが重要です。そして夢が何をいおうとしているのかをよく理解する必要があります。夢日記などを長く続けているとヒントがつかめるかも知れません。又、朝起きた時にフッとひらめくのも夢の延長線上にありこれを大切にしましょう。他人を通じて誘導する今までは自らのマインドから出てくるヒラメキによる誘導でしたが、同様に他人からの働き、かけによる誘導もあります。マインドは全ての人間と深い所でつながっています。従ってこちらが願いという想念を送ると他人のマインドがその目的を果たそうとして働きかけてくることもしばしば起こるのです。形になるのです。電話がかかってきて、旅行、その他諸々の勧誘をしてくることがあります。叶うようあなたを誘導しているのです。要するに想念をインプットしておくと他人が協力してくれるというたとえば友達と話していて、その話している内容からヒントを得る場合、又、突然友達からパーティ、家に誘われたり、人を紹介してあげるといつできたり、これらの現象はマインドが他人を通じて願いが私の知人に稲村京子さんという当時おオを過ぎたばかりの女性がいました。彼女は大学を卒業して 生活三年目になり、大変会社での居心地が悪くなったので早くやめて結婚したいと願っていました。それでも大して好きでもない人と結婚しようとは思わず、どうしても両想いの人と愛し合って結婚したいと思っていました。そこでか運命の人。と出会うべくマインド心理術を実践したのです。ちょうどその頃、私は「人脈ロータリー」という人と人との出会いの場をつくるサークルをやっていました。その会は毎月第三日曜日の夜実施し、毎回初人から叩人ぐらいの人達が集ってきました。内容は主に仕事上の出会いの場だったのです。稲村さんは運悪く日曜日が仕事になっていたためこの会には参加ができなかったのです。ある年の三月、私は理由はよくわからなかったのですがどうしても彼女をこの会に誘いたいと思ったのです。そこでいつもは日曜日に聞いていたのですが、その時だけ三月の二十一日の祭日に聞いて彼女を勧誘したのです。彼女は当然喜んでその会に参加し自己紹介をしました。彼女は二次会に行った時にたまたま隣り合わせに坐っていた男性と気が会って話がはずんでしまい、夜遅くまで話し込んでしまったのです。それもそのはず彼にとって彼女は昔からあこがれていたタイプであったのです。同時に彼女にとって彼は昔からあこがれていたタイプであったのです。この場で両想いの人同士が出会ったのです。そしてお いのフィーリングもピッタリでした。

結婚したいという願望

その場はそれで終ってしまったのですが、一週間後に私が彼の家に行った時に、どうしても二人に会話させたいという強い欲求が起こってきたのです。そこで私は彼女に電話をして彼と話をさせました。これがきっかけとなって、彼はその後彼女とひんぱんに会うようになりました。その年の五月に再び彼の家へ行ったところ彼は「私達は十月に結婚することになりました。本当にありがとうございました。植西さんのおかげです。私達は心から愛し合っています」と私に感謝をしてきました。私はあまりにも急なことだったのでただただびっくりするばかりでした。しかし二人が結婚するなんて全く思ってもみないことでした。運命の出会いらしく、彼らは今でも本当に幸せそうな生活を送っています。この場合は、彼女の結婚したいという願望がマインドに入いり、マインドは私を媒介として彼女の願望を実現させたのです。この場合もし「人脈ロータリー」という会をいつものように日曜日に聞いていたら、このような奇跡的な結婚は絶対に起こり得なかったのです。このように私一人のだった一つの一瞬の決断が他の人達の幸福をつくりあげていくという事実は宇宙の神秘としかいいようがありません。私は長い間ボランティアでヨガの会を主宰しているのですが、その中で木村紀子さんというおオになる女性会員がいました。彼女は本当に愛し合う恋人に出会い結婚したいと思っていました。その願いは相当強くてマインドの中へインプットされていました。彼女は大変旅行好きだったため私は五日間で南の島へ行く安いパック旅行を紹介しました。彼女は当初女性の友達と二人で行くことにしていましたが、友達の方が都合で行けなくなってしまったのです。そこで彼女は相当悩んでいました。「二人で行くのならよいけど一人だと不安だしまわりの人達から無視されたらどうしよう。せっかくの楽しい旅行がだいなしになってしまう」私は彼女に「せっかく申し込んでしまったのだから行ってみたら。楽しかったらそれは大変充実したと喜べばいいし、つまらなかったらそれはそれでよい経験をしたと思えばよいでしょう」という二応の法則(つまりどちらにころんでも自分にとってよいこと)を教えたのです。それを聞いて彼女は渋々行くことにしたのです。しかし、その旅行は大変幸福なものとなりました。彼女は一人で行ったためにパスの隣の席に男性が坐ったのです。そしてその男性と話しているうちに大変親しくなることができたのです。